概要

CoderDojo(コーダー道場)は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では100カ国・1,800の道場、日本には181以上の道場があります。

CoderDojoは、いわゆるプログラミング教室ではありません。
塾や学校のように講師が指導する内容を考えてきて、それに基づいて生徒全員に指導をする、というような場所ではありません。

どちらかというと、プログラミングクラブ、と言ったほうがイメージがしやすいでしょう。

各自が学びたいことをCoderDojoのメンターがサポートしてくれる環境がCoderDojoです。

しかしながら、一番最初は何をやったらいいか全くわからない、などの状況になると思いますので、プログラミングの簡単な手引きをしたりはします。また、何を学べばいいかメンターが相談に載ってくれたりもします。

ぜひ、自らのやりたいことを見つけて学ぶ姿勢で参加してください。

用語説明

CoderDojo三春において使われる、主なCoderDojo関連用語について説明します。

用語 説明
ニンジャ CoderDojoで学ぶ子どもたちのことです。7歳〜17歳を想定しています。
メンター ニンジャの学習をサポートし、技術の水先案内を行う人達です。

CoderDojo 公式サイトでの説明

CoderDojoの詳細な特徴については、以下、CoderDojo Japan公式サイトの説明を参考にしてください。